monoblog

東京で働く会社員のブログ

台湾中国語を勉強するなら「500字說華語」がお勧め!繁体字・簡体字・注音(ㄅㄆㄇㄈ)の揃っている教材は滅多にないですよ

f:id:monopatch:20181112095606p:plain

 

台湾中国語(台湾華語)を勉強する際に私がよく使っている教材として「500字說華語」というのがあるのですが、こちらが非常に満足度が高いので紹介したいと思います

 

http://edu.ocac.gov.tw/interact/ebook/5001/index.html

 

 

概要

このサイトは台湾の政府が運営している「海外の人が台湾中国語を勉強できるサイト」となっており、上の画像で日本語を選択すると日本語での案内で台湾中国語を学習できます。

 

内容は動画学習、文法学習、テストなど豊富に取り揃えられております。が、多少動きがへんな事もあり自分は以下に記載する資料をダウンロードして勉強しています。

 

資料のダウンロードがお勧め

f:id:monopatch:20181112100206p:plain

 

一番最初の画像で「日本語」を選択するとこのような画像が出てくるのですが、「学習資源」をクリックすると

 

f:id:monopatch:20181112100311p:plain

 

ここから資料をダウンロードできるのですが、この資料がとても満足度が高く、日々の勉強に使っています。何が良いかというと

 

  • 単語の紹介と例文があるのでボキャブラリーが増える
  • 注音(ㄅㄆㄇㄈ)、拼音共に記載されている
  • 最後の復習には簡体字まで記載されている

あたりが非常に良いポイントで、助かっています。

 

この資料一式をダウンロードして勉強したい時に開いて勉強するなどすれば良いでしょう。

 

500字說華語の学習資料

http://edu.ocac.gov.tw/interact/ebook/5001/pdf/1/Hanyu/01.pdf

 

なお、この資料は1から30まであり、上のリンクの最後の「01.pdf」を 01 ~ 30まで変えていくとそれぞれの項目の資料がダウンロードできるかと思います。

 

これをマスターする事で文字通り500個の華語(台湾中国語)を習得できるでしょう

 

 

注音(ㄅㄆㄇㄈ)を勉強するなら

注音記号は日本でいう「あいうえお表」なので、気持ちとしては幼稚園児があいうえおを覚えると同様の気分で注音記号も覚えるとよいです。

 

注音(ㄅㄆㄇㄈ)記号の一覧は、以下の様なサイトがあるので、見てみるとよいかと思います

http://www.mdnkids.com/BoPoMo/

 

あとは動画による学習もおすすめです。以下の動画が個人的には参考になったので貼っておきます。

 


ㄅㄆㄇ發音練習-37個注音符號發音(Traditional Chinese Phonics for 37 alphabets)

 


國小國語科輔助教學媒體精選(四)1-國語正音 -蘇蘭老師(2-2) ( 國家教育研究院89年前(含89年) 本單元分2檔案製作 )